何も資格がなく年齢にも自信がないなら「販売業」に転職しましょう

学歴にも経験にも自信がないけど工場では働きたくないという人へ

 もし、あなたが高卒や中卒といった経歴で、アルバイト経験も浅く、だけれども工場員になるのも嫌だ…と思っているのであれば、「販売業」に目を向けてみましょう。

 販売業務は、ある程度の気遣いができれば誰にでもできてしまいますし、人と話すのがニガテだったとしても、その業種に就くと嫌でもコミュニケーション力が上昇するので未経験の方にはうってつけです。

 自分を育てるためにも、いい企業に就職するためのワンステップを踏むためにも、販売の世界に跳び込んでみるということは非常にいい経験となるので、もし「自分には何もない」ということに悩んでいるのであれば、家電量販店やアパレルの販売士求人をチェックしてみてください。

現場では経験の浅い50代の人も新人として頑張っています

 仕事の経験が浅いまま年齢を重ねてしまうと、どうしても自信がなくなってきますし、プライドは年齢相応にあるのでどうしても「新人としう肩書きは嫌だ」としまいがちです。

 しかし、50代、60代の方が就職活動をするにおいて最も邪魔になるのは実は「重すぎるプライド」だったりします。

 昨今では50代の人でも就職は可能になっていますし、未経験の後期高齢者でもマクドナルドで働くことはできるのです。

 つまり、プライドを傷つけられることを見越してその世界に飛び込めないのではいつまで経っても、就職はできません。

 販売の世界であれば、年齢が若くなくても、経験がなくても、余計なプライドさえなければすぐに就職できてしまうので、まずは派遣会社などで面接を受けてみるようにしましょう。

 派遣会社であれば一日だけ体験して様子を見ることもできます。

 何もしないよりもずっといいはずなので、何もできずにいるのであればまず、行動をおこしてから考えるようにしてみてください。