転職後の入社日は少し間隔をあけないと退職時に困る

転職後すぐに入社するのはお勧めできない

 転職を決めた後は、退職をして入社しますが、この入社時期が意外と厄介なのです。特に、ゆとりを持たない入社日の設定をしてしまうと余計に大変なことになってしまいがちなので、より余裕をもって入社日を設定しておきましょう。また、なぜ余裕のある入社日が必要なのかを紹介します。

会社の都合によって多少変わるケースも

 会社の都合によって、その入社日に影響が出てしまうかもしれません。というのは、今まで勤めていた会社の都合によるものです。今すぐに辞めさせてくれるとは限りませんし、少しずつ延長してしまうかもしれません。そこでトラブルを起こすことは得策ではないので、あまり行動もとれないでしょう。だからこそ、入社日は少し先に設定しておく必要があるのです。早く転職先で働きたい気持ちはわかりますが、そのまますぐに働くことはできません。引継ぎなどの問題でも時間を要する可能性があるので、予定よりも少し先くらいに考えておきましょう。

入社日でのトラブルを避けよう

 このように、入社日に可能性のあるトラブルを避けることによって、転職をよりスムーズに行うようにしましょう。退職を認めてもらえるであろう時期まで待つのです。