退職をしてからの転職活動

<はじめにすること>

 まず最初に行うことは現在の職場の上司に退職したいということです。会社によって辞めることを申告してから実際に退職になるまで期間は異なっているからです。

 私は前職は販売職を行っており、店の副店長に話しその後店長ともお話ししなくてはならなかったので、実際退職できるまで3ヶ月程かかりました。私の場合は入社してから1年経たずに辞めたいと言ったため、すんなりとは辞めさせてはくれませんでした。

 店長とは3~4回ほど面談をしたり、エリアマネージャーとも面談を行いました。なんで退職したいのか理由を何度も伝え、やっと了承してもらいました。しかし契約社員のため契約満期の1年まであと2ヶ月ほど残っていましたので、辞めるまでの間は仕事に今まで以上に専念しました。

<退職するまでに行動>
 その後退職するまでは、空いた時間に求人サイトを見ていました。前職はなかなか休みがとれなかったので、携帯からの求人探しを主に行い気になった求人に応募していました。

 退職してからは求人サイトと併用して転職エージェントを2社登録し転職活動を行いました。退職後は時間がたっぷりあるので多くの会社を訪問し、毎日出かけていました。

<手続きは必ず行うこと>

 転職活動も大切ですが市役所に行くことも大切だと感じました。企業に所属していないので、今までは給料から引かれていた税金類を全部自分で払わなければなりません。その申告をするために市役所には何度も足を運びました。

 また私は独り暮らしのため、仕事が無いと生活が苦しくなってしまうためハローワークにも行きました。失業手当を頂ける対象でしたので、仕事が無い期間は失業手当のお世話になっていました。

 その後面接を2回行った企業から内定を頂いたので転職をしました。

【転職情報】
未経験の職種探し
未経験の職種に転職を考えている人に向けた転職サポートサイトです。

ニートの就職に最適な方法-就活マニュアル
ニートから就職を成功するための知識

最新投稿